Greeting

Greeting

ごあいさつ

「一生涯、スポーツを楽しむ」健康的な体づくり!!

何歳からでも体は変われます!!
何歳でもスポーツは楽しめます!!

一生涯スポーツをするためには痛みのない状態でなくていけません。痛みを取り除くことでその方が好きなスポーツを楽しめると思っています。
スポーツをする方全員が一生涯楽しめるようにお手伝いをしていきます。


いつまでも運動を楽しめるように「スポーツの悩み改善専門家」として【一生のかかりつけ治療院】を目指しています。
Introduction video

当院と院長について

椿 貴浩
TSUBAKI TAKAHIRO

Instagram

facebook

twitter

資格

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(*1)

鍼灸あん摩マッサージ指圧師(*2)

柔道整復師(*2)

⽇本美容鍼灸マッサージ協会 認定美容鍼灸師

NASM-PES



(*1)合格率15%前後の資格で、資格取得者は5,298名(令和5年10月1日時点)しかいません。

(*2)国家資格


生年月日

1986年(昭和61年)12月13日

出身地

千葉県香取市(旧:佐原市)

趣味

・娘と遊ぶ(もうすぐ2歳)

・ハンバーガー巡り(個人Instagramで行った店を載せています)

・筋トレ(エニタイム会員)




Career

【経歴】

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(2008年取得)

柔道整復師(2011年取得)

鍼灸あん摩マッサージ指圧師(2012年取得)


友愛鍼灸院・接骨院(2007-2008)

クイックマッサージ(2009-2010)

吉祥寺太子堂鍼灸院・接骨院(2011-2012)

ワイズ・パーク鍼灸院(2013-2016)


国立スポーツ科学センター  アスリートリハビリテーション  非常勤トレーナー(2013-2016)

東京スポーツ・レクリエーション専門学校 非常勤講師(2014-2016)

日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンスサポート事業ケアコンディショニングスタッフ(2017-2021)

国立スポーツ科学センター  アスリートリハビリテーション  非常勤トレーナー(2022-現)



【トレーナー歴】

法政大学第二高等学校アメリカンフットボール部(2007-2016)

立教大学ラグビー部(2017-現)

新体操日本代表(2018-現)

車いすラグビー日本代表(2018-2021)

ちふれASエルフェン埼玉(2021-2022)



リオデジャネイロ五輪 村外スタッフ帯同(2016)

平昌五輪 村外スタッフ帯同(2018)

東京オリンピック 新体操選手団帯同(2021)

東京パラリンピック 村外スタッフ帯同(2021)

パリオリンピック 村外スタッフ帯同予定(2024)



現在、日本代表選手をサポート実施中

(新体操、サッカー、ラグビー、野球、ゴルフ、テニス、バドミントン、クライミング、水泳、ホッケー、陸上、ラクロス、スキーアルペン、アイスホッケーなど)


★車いすテニス、車いすラグビー、パラバドミントンなどパラスポーツ選手へのサポートも実施中


Story

この度は当院のホームページをご覧いただき本当にありがとうございます。

初めまして、A1スポーツマッサージ治療院の椿貴浩と申します。


【治療家になった理由】【開業した理由】を書きましたので、最後までお読み頂けますと幸いです。


【治療家になった理由】

私は小学3年生から友達の誘いで野球を始め、それほど上手な選手ではありませんでしたが、高校まで続けました。


大きな怪我もなく野球を続けていましたが、高校1年生の冬に腰が痛くなり、病院に行きました。

骨に異常はなく、診断名がつくものではありませんでした。 その後も接骨院など何箇所か行きましたが、痛みがなくなることはありませんでした…

大きな離脱もなく、3年生の夏の負けるまでグラウンドに立つことができましたが、腰を気にする生活は毎日のように続きました。


私は幸いこの痛みレベルでしたが、怪我で長期の離脱やスポーツを諦めなければならない人もいます。

私みないな「痛みを気にしながらスポーツする選手をなくしたい!」「スポーツを全力でできる選手を増やしたい」という思いで、この道に考えました。


そんな時にまず、スポーツに関わりたいと思い、「スポーツトレーナー」の道を目指し「アスレティックトレーナー」取得できる養成校に進学しました。

仕事をしていく中で、もっと痛みを治すこともしたいと「鍼灸あん摩マッサージ指圧師」、「柔道整復師」になりました。





【開業した理由】

接骨院や鍼灸院で働く中、保険では痛みある場所をマッサージするだけで、その時は良いが根本的に治っていない人を多く見てきましたし、ルーティンのような機械的な施術をすることもあり、なんのために治療家になったんだろうと思う日々でした。


その後、日本代表選手のサポート、オリンピック帯同をする中でそのモヤモヤはなくなりました。

チーム競技トレーナーだと、練習時間や場所、人数の問題などで全員に同じような(その人にあったベストな)サポートができいるのかと考えるようになりました。


自国開催となった東京オリンピックでサポートチームの結果は目標に届かず…

私はチームから離れることを決めました。

同時に東洋医学(鍼灸)の奥深さを改めて再確認しました。


「もっと一人一人をしっかり見たい!」「一人一人に寄り添う治療家でありたい!」「鍼灸で悩みを解決したい」「今までの経験を活かしたサポートをしたい!」「スポーツ人口を増やしたい」を夢が膨らみ、自分の治療院を開業することにしました。




「一生涯、スポーツを楽しめる体づくり」を理念に活動しています!


一生涯スポーツをするためには痛みのない状態でなくていけません。

痛みを取り除くことでその方が好きなスポーツを楽しめると思っています。

スポーツをする方全員が一生涯楽しめるようにお手伝いをしていきます。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。